極!!男塾 割烹着を着て超万能細胞を開発したのはカグヤ姫!?

14年07月27日00時30分
極!!男塾 割烹着を着て超万能細胞を開発したのはカグヤ姫!?

『週刊漫画ゴラク』連載、「極!!男塾」の第10話前回は赤石十蔵が父・明石剛次に化けたモデナ星のロッソを撃破。今回は浪花節男・黒巣信長の出番です。信長は無限流活殺術という古武術の使い手。絵のように下駄をグローブ代わりに使うなど、身近なモノを武器とするスタイルです。男塾の面々をランボル星に送りこんだスサノヲに衝撃が走る! 月の裏側にあるリケソ(リケンではありません)からカグヤ姫がウラカンに参加するというのだ。宇宙最凶と呼ばれているらしく、男塾が皆殺しにされては元も子もないので安否を気遣うスサノヲ。けれど運命のイタズラが両者を引き合わせるのは成り行きというものでしょう…竹の形の宇宙船が暁組の前に降り立ち、カグヤ姫が現れた! 当然の如く戦いになり信長が相手に。刃物になってる扇子を回転させて投げつける、リケソ秘技「扇乱舞」が炸裂。信長はたちまちフンドシ一丁にされてしまいます。さらにイチモツを斬り落としてくれるわと攻撃を続け、遂にその餌食に! カグヤ姫は斬り落とされたイチモツを確認すると…キノコ?それは信長が食料として取っておいたキノコでした。どうしてこんな街の中にキノコが都合よく生えていたのかなんて気にしてはいけません。あったものはあったのだから仕方が無いと思いましょう(笑)女は傷付けたくないと攻撃はしない信長ですが、相手はなにせ宇宙最凶。思いもしない方法をとってきました。カグヤ姫は戦士でもあり科学者でもあるそうで、超万能細胞を独自に開発して最強の技を体得したらしい。これ↓が最強の技だ!リケソ超秘技「簀達賦殺法(すたっぷさっぽう)」割烹着を着て超万能細胞を信長に注射だーっ! もう何から突っ込めばいいものやら…ともかくあの人がモデルになってることは間違いありません。超万能細胞を注射されてしまった信長の身にいったい何が起こるといういのうだ? まさか耳が聞こえているのに聞こえないフリをする、サムラゴーチと同じ行為をするんじゃないですよね!? つづく

記事元:大炎上

  • いいね
  • tweet
  • LINEで送る
  • お気に入り