「ボクガール」~そして…帰って来た!懐かしい感覚と新たなる危機!!

15年09月18日11時41分
「ボクガール」~そして…帰って来た!懐かしい感覚と新たなる危機!!

週刊ヤングジャンプ連載「ボクガール」第78回です

文化祭が終わったら瑞樹に告白すると猛の前で宣言した朝生。
思わぬセリフに動揺した猛だったが、同時に自分の気持ちを伝えなかった事に後悔も感じてしまう。
そんな中、瑞樹と出会い、互いに寂しさを感じていた事を確認した猛だったのだが…。
その瑞樹の身に突然異変が!?

ロキの体調悪化が原因なのか、従者からただの鳥に変化してしまったカラス。
そしてそれは同じくロキの影響を受けていた瑞樹もまた同様だった様子。
自身の変化に気がつき動悸が激しくなる瑞樹。
『なっなんだろ』
『この懐かしい感覚は…!』
『いや…!そんなまさか…』
その瞬間、異変の正体に気がついてはいたが、やはりすぐには信じる事が出来なかったらしい。

それでも立ち上がった瞬間により明確に感じたらしい瑞樹。
『こ 股間が!!』
何と、股間がエライ事に!?(笑)

そんな突然の事態に猛から逃げる様に寮に戻った瑞樹。
「俺 また何か言っちまったのかな…?」
結局置いてけぼりになってしまった猛ですけど、思えば女になって最初に見られたのは猛であり、何かと相談したのも猛でした。
今回もすぐに猛に相談してもおかしくなかった訳ですが、もしこの段階で相談していたら今後の展開が大きく変わっていたかも知れません。

記事元:いけさんフロムエル

  • いいね
  • tweet
  • LINEで送る
  • お気に入り